現役スポーツトレーナー考案!
フェザータッチ整体【施術メニュー】

メディカルネットサービス整骨院グループ
関連書籍

  • 生涯スポーツトレーナー教本
  • 新幸福論
  • 腰痛・肩こりはストレックスで治る!
  • 内臓効能百科
  • 骨と関節のしくみとはたらき
  • 統合整体療法入門

当グループは整形外科も運営しています

九州医療整形外科・内科・リハビリステーションクリニック 伊藤洋右先生

  • ・久留米大学医学部第一外科
  • ・伊藤医長外科医院 院長
  • ・九州医療スポーツクリニック院長

メディカルネットサービス整骨院グループのスタッフたちの治療の様子を見ていると、彼らは実際に施術者は患者様の訴えをよく聞き、身体に触れながら実態をつかんでいます。

また、解剖学の知識もしっかりと身に着け、痛みが出るメカニズムを患者さんにもわかるように、じっくりと時間をかけて説明し、そのうえで施術を行っています。

彼らは探求心にあふれ、施術者同士時間を作っては悩みを持つ人々にとってどのような施術が最も良いか議論しながら日々研鑽を積み、高め合っています。

皆様の中で身体に気になる症状や悩みがあれば、是非健康のために必要な、もうひとつの手段として当グループの治療院を受診されることをお勧めします。きっと満足して頂けると思います。

  • 普通のマッサージだと痛くてイヤだという方!
  • 触られるとくすぐったいと感じる方!
  • 自律神経を整えたいと思う方!
  • 揉み返しが強く出てしまう方!
  • すぐ力が入ったりして緊張してしまう方!

整骨院や整体院に通われている方でこんな経験をされた方はいませんか?

「治療を受けたいけど痛いのはイヤだ」

「ちょっと触られただけでくすぐったい」

「揉み返しが強く起こる」

これらが気になるという方にオススメしたいのが【フェザータッチ整体】です。

フェザータッチ整体は

東洋医学・西洋医学両面からの身体のつながりや反射、すなわち解剖生理学に基づき行う

軽めの刺激で痛みや不具合の根本にアプローチする整体です。

軽めの刺激で治療を行うことで副交感神経が優位に働き、緊張性の疼痛や不定愁訴に対して有効なアプローチ方法となります。

なぜ痛みに敏感になってしまうの?原因は?|北九州 国際学園整骨院グループ

◇痛みの伝わり方

 

①刺激(侵害刺激)を受けて、痛み物質がセンサーに引っかかる

「侵害刺激」とは、組織を実際に損傷するか、その危険性のある刺激のことで、刺激がある強さ以上に達すると、痛み物質が産生され末梢神経の受容器(センサー)で感知します。

②センサーが電気信号に変換し脊髄へ

末梢神経先端の2種類の受容器で刺激を電気信号に変換し、電気信号が神経線維から脊髄へ伝わります。

③脊髄から脳へ伝わり、痛みとして認識する

脊髄に伝えられた信号が脳へ伝えられ、認識することで初めて「痛い」と感じます。

 

◇痛みに敏感な状態とは

痛みを感じると、自律神経の中の交感神経が優位になって、より筋肉の緊張などが起こります。すると、血流が悪くなり、痛み物質を洗い流しにくくなります。その結果、再び痛みを生み出す発痛物質が放出され、痛みが増強されてしまうのです。その痛みによって、再び交感神経の興奮が起こり、同じ現象を繰り返すことになる悪循環が起きます。

この状態だと、神経が痛みを覚えてしまい、軽い刺激でも痛みや感覚の異常を訴えることが多くなります。つまり痛みに敏感な方は、負のスパイラルにはまってしまっているのです。

これらを改善に導くには、外部からの刺激に反応しても大丈夫という反射や遠隔での反応によって治療していくことが必要になります。

フェザータッチ整体はなぜ軽めの刺激なの?|北九州 国際学園整骨院グループ

◇フェザータッチ整体が軽めの刺激な理由

解剖生理学の構造、働きを活かして体内の血流などの循環を促進し、痛み物質を洗い流して交感神経優位を副交感神経優位にすることで負のスパイラルから脱却することを目的としているので、軽めの刺激で施術を行えるようにしています。

★解剖学→アナトミートレインという筋膜の連結を利用し、血流が全体的に流れるようにします。

 

★生理学→ゲートコントロール理論という痛みを抑制する反応を用います。

 

★東洋医学→経絡(気の流れ)という身体のすべての機能を調整・維持していて、内臓と体表を結ぶ流れを整えて、内臓機能にアプローチをします。

これらを身体の症状に合わせて調整することにより、状態を変えるよう導いていきます。

Q&A | 国際学園整骨院グループ

Q痛みは全くないんですか?

A.多少の個人差はございますが、ゆらゆら揺らす、ゆっくり回す、そっと触れるなど身体にとってできる限り軽い刺激となるように組み立てておりますので、通常の治療だとツラいという方でも安心して受けて頂けます。

 

~国際学園グループ、治療原則~

1.冷え取り

冷えは万病の源。 多様なアプローチにより冷え取りを行い、免疫機能を正常にします。 体が冷えることにより、血液循環が悪くなり、結果痛みを生むことになります。 また、内臓的疾患の原因も冷えが関与しているとも研究結果で分かっています。 健やかな毎日を過ごすためにも、体温を上げることは、生命活動を維持するためには、とても重要になります。

2.バランス

恒常性(ホメオスタシス)の正常化。 生物のもつ重要な性質のひとつで、生体の内部や外部の環境因子の変化にかかわらず、生体の状態が一定に保たれるという性質、あるいはその状態を指します。 実際に恒常性の機能を高めるために、神経・骨格・内分泌の3つのアプローチを行っています。

3.意識

人には自らが治そうとする力が備わっています。 治そうとする力は、個々の内に自らが動機付けされて、その力は発揮します。 個々の心身の捉え方で、治癒のスピードも変わります。 その治癒力のサポートすることも大事は治療だと私たちは捉え、誠心誠意、患者様の立場になって寄り添い、共に機能改善に努めています。

 

【最後に一言】

繰り返しとなりますが、 少しでも身体の不調やお悩みのある方は当院をおたずねください! 皆様のニーズにお応えすべくスタッフ一同全力で対応させていただきます。

執筆者

執筆者

執筆者:土居 優太  治療家年数(14年)

2014年3月 柔道整復師 免許取得

2017年3月 JSPOアスレティックトレーナー 免許取得

2018年3月 柔道整復専科教員 免許取得

2020年3月 JPSAパラスポーツトレーナー 免許取得

湯川鍼灸整骨院 戸畑小芝院 院長を歴任後

トレーナーとして2020東京パラリンピック パラ・パワーリフティング日本代表に帯同

私は、高校の頃テニスで疲労骨折をしてどうすれば早く治せるのか、どうやったらもっと動けるようになるのかに悩んでいました。その経験も踏まえて、それぞれの症状やニーズに合わせて最適な施術を選択して根本改善出来る様、施術をしていきます。メディカルネットサービス整骨院グループで掲げる0歳から100歳まで動ける身体づくりを行うZERO100プロジェクトの実現に向けて最善を尽くします。