ばね指

  • 手の指の付け根が痛い。
  • グーの手からパーの手に開いたときにカクッと遅れて伸びてくる。
  • 朝に指の関節や付け根が固まっている。
  • 指先を使う細かい作業で指が痛む。
  • 指先を使う細かい作業で指が痛む。

このような症状がある方は、是非お近くの

「国際学園整骨院グループ」の施術を体験してみてください。

ばね指とは? | 国際学園整骨院グループ

◆バネ指とは腱鞘炎の1つになります。

◆原因のほとんどが手の使いすぎや指をよく使う仕事の人に多い事が特徴です。

♦︎腱鞘とは筋肉と骨をつないでいる腱が滑らかに動くために包んでいる組織です。

♦︎そこを使いすぎて腱鞘と腱が過剰に擦れると炎症をおこし、

痛みや腫れ、動かしにくさがでてきます。

♦︎指先を使うスポーツ、パソコン作業をされる方に多いと言われています。

 

◇ バネ指の主症状

◆拳をにぎって(グーの形)から手を開く(パーの形)と指がカクッと遅れて伸びてきます。

♦︎指が曲がってから伸ばす事ができない。

◆初めは痛みが出ることは少ないですが、症状が進めば痛みを伴います。

♦︎全ての指に起こる可能性はありますが、その中でも親指が1番多くそこから中指、薬指が続いてきます。

♦︎重症になると自分で指を開く事ができなくなります。

ばね指の原因 | 国際学園整骨院グループ

♦︎パソコン作業やデスクワークなどの手や指の使い過ぎ。

(スポーツ、手芸など手指で細かい作業をする趣味を持っている方にも多い)

♦︎ピアノなどの手指を使いすぎる楽器の演奏。

♦︎主婦、主夫などがされる家事動作。

♦︎女性では妊娠中や出産後でのホルモンバランスの乱れなどで起こることが多く、

他には骨粗鬆症や加齢による筋力低下、糖尿病など身体の構造的に弱くなる時期や、

病気によって腱や腱鞘に症状が出現しやすくなります。

国際学園整骨院グループの 「ばね指の施術」  | 国際学園整骨院グループ

国際学園整骨院グループは長年の経験から独自のSTREX(ストレックス)療法にて

腹診(経絡)を行い、内側からも外側からも身体を診てお客様にあった施術を提供致します。

 

 

 

・当院に来て下さる患者様に多くみられる共通点として

✅長年の肩こりがある。

✅前かがみ(猫背姿勢)。

✅身体が硬い(筋肉ガチガチ)。

✅手の力みをうまく抜けない。

などで肩や腕の筋肉が硬く、負担がかかった状態で

手指を酷使している方が多い印象をうけます。

 

・この症状が出てきた場合は、

原因になっている動きを制限して安静にする事が大事になってきます。

 

・症状がでた指に炎症が起こり熱を持っている場合は、

アイシングで患部を冷やす事が必要になってきます。

 

・しかし、「バネ指」になってしまった方は日常生活で

手指を使いすぎている為に「バネ指」になってしまっているので

指を使わずに安静にする事は難しいのが現状です。

 

テーピングやサポーターの使用が効果的になります。

 

・生活習慣にとても深く関係している手指ですので今までと同じ生活、

身体の使い方をしていては症状を改善することはできません。

 

・何も治療せずに治る事を期待しても難しいでしょう。

 

・症状が悪化して重症化になってしまうと手術に至る患者様もいます。

早い時期からの治療、対処ができれば「バネ指」は改善します。

 

・国際学園整骨院グループでは痛みが誘発され原因となっている筋肉や腱、

腱鞘への特殊治療器(直流電療)や患部の負担が軽減するように関連する

全身の筋肉を調整して痛みを軽減し予防となる上半身のトレーニングを提供致します。