外反母趾【原因と対処法】

国際学園整骨院
グループ関連書籍

  • 生涯スポーツトレーナー教本
  • 新幸福論
  • 腰痛・肩こりはストレックスで治る!
  • 内臓効能百科
  • 骨と関節のしくみとはたらき
  • 統合整体療法入門

当グループは整形外科も運営しています

九州医療整形外科・内科・リハビリステーションクリニック 伊藤洋右先生

  • ・久留米大学医学部第一外科
  • ・伊藤医長外科医院 院長
  • ・九州医療スポーツクリニック院長

国際学園整骨院グループのスタッフたちの治療の様子を見ていると、彼らは実際に施術者は患者様の訴えをよく聞き、身体に触れながら実態をつかんでいます。

また、解剖学の知識もしっかりと身に着け、痛みが出るメカニズムを患者さんにもわかるように、じっくりと時間をかけて説明し、そのうえで施術を行っています。

彼らは探求心にあふれ、施術者同士時間を作っては悩みを持つ人々にとってどのような施術が最も良いか議論しながら日々研鑽を積み、高め合っています。

皆様の中で身体に気になる症状や悩みがあれば、是非健康のために必要な、もうひとつの手段として当グループの治療院を受診されることをお勧めします。きっと満足して頂けると思います。

  • 親指の付け根がズキズキして痛い
  • 足の裏によくタコができる
  • 足先が最近しびれてくる
  • 冬場足先が冷えて辛い
  • 長時間歩くと足裏に痛みがありなかなか改善しない

☆このような症状がある方は、是非お近くの

「国際学園整骨院グループ」へお気軽にご相談頂き、

当グループの施術を体験してみてください!

 

私たち国際学園グループでは、人との関わりを大切にし、社会に調和するという日本に古くからある考えを基に、挨拶・感謝・感動・責任を徹底することで、笑顔溢れる社会になるよう日々、研鑽しています。

地域の皆様の健康のサポートを第一に活動を続けております。

 

【初めてのご来店に関して】

当グループ院は予約を優先しており、お客様1人1人のお時間を大切にしております。

ご来店ご希望の際は、事前にご予約を頂けますとスムーズにご案内させていただけます。

お着替えもご準備しております。ご希望の場合は、スタッフに申しつけ下さい。

 

外反母趾とは? 外反母趾の原因| 国際学園整骨院グループ

◇外反母趾とは

◆足の親指が小指側に変形し、「くの字」になる状態です。

◆「くの字」に変形した部分に痛みが出てしまう、足の裏に胼胝(タコ)ができる、足の横のアーチ構造がなくなってしまう症状があります。

◆主にハイヒールなどの靴を長期間履くことで発症し進行していくと普通の靴を履いても違和感が生じ、歩くだけで痛みが生じるようになってしまいます。

◆  小児の偏平足、中年期の筋力低下によるアーチの変形、関節リュウマチの合併症などでも発症するケースがあります。

 

◇外反母趾の原因

◆自分の足に合っていない靴を履き続けることで発症していきます。

①幅が狭くつま先の細い靴

②ハイヒールや先の詰まった革靴

 

◆長期間履き続けることで母趾の付け根からつま先が圧迫されることで負荷が生じ変形していきます。

◆現代人は生活様式が欧米化し長時間靴を履いて生活する機会が増えたことで外反母趾の患者は増加傾向にあります。

 

◇外反母趾を放っておくとどうなるか

①足裏の筋力が低下します。

②下肢全体の筋力が低下→膝や股関節に変形性関節症などが発症しやすくなります。

 

◆症状が進行してしまうと

①親指が人差し指の下に入り込む

②裸足で歩く時も痛みが生じる

③靴を履くことができなくなる

④足先に血行不良が起こり足先にしびれが生じる

などといった症状が起こるケースがありひどいものは手術を行うこともあります。

 

◆一度外反母趾が発生し症状が進行し変形してしまうと自然に元の状態に戻ることはありません。

◆変形が起こってしまうと親指についている筋肉が全て症状を進行させる方向に働いてしまいます。

国際学園整骨院グループの 「外反母趾の施術」 | 国際学園整骨院グループ

【施術コンセプト】

急な痛みに対しての治療はもちろんのこと、なかなか改善しない痛みにも根本治療の観点から様々なアプローチを行い症状の改善のサポートを行います。

例えば肩こり、頭痛、腰痛、関節痛などで日常生活に支障がでてきている方、

またスポーツによるケガやリハビリ、試合前後のコンディショニングケア等で

お悩みの方はいませんか?是非、お任せ下さい!

 

知識・経験豊富なスタッフが東洋医学的観点、西洋医学的観点より

身体の様々なお悩みを分析し、最善の解決策をご提案させて頂きます。

根本的に治療していきます。

 

◇国際学園整骨院グループは長年の経験から独自のSTREX(ストレックス)療法にて

 腹診(経絡)を行い、内側・外側から身体を診てお客様にあった施術を提供致します。

①急性期

◆「直流電流療法」

◆「はり治療」

◆直接痛む部分や痛みに遠隔で関わってくる部分を様々な角度から治療し、痛みの緩和(Cure/キュア)を行います。

◇痛みが緩和してくれば、今度は根本となる不良姿勢を改善します。

②回復期

◆パーソナルインテグレーションコース「足つぼケア」

◇また、身体の冷えを取り内蔵の調子も上げていく東洋医学的な「経絡」を使った治療などを行い、痛みの出ない予防の為の身体作り(Care/ケア)をしていきます。

◆「きゅう治療」

Q&A| 国際学園整骨院グループ

Q他の症状も診てもらいたいのですが
同時に見てもらえますか?

A.同時に治療できます。身体は繋がっておりますので同時に施術をすることにより、より改善効果が増す場合が多いです。
ぜひ一度国際学園グループの整骨院にご相談ください。

Q痛みは全くないんですか?

A.多少の個人差はございますが、ゆらゆら揺らす、ゆっくり回す、そっと触れるなど身体にとってできる限り軽い刺激となるように組み立てておりますので、通常の治療だとツラいという方でも安心して受けて頂けます。

 

~国際学園グループ、治療原則~

1.冷え取り

冷えは万病の源。

多様なアプローチにより冷え取りを行い、免疫機能を正常にします。

体が冷えることにより、血液循環が悪くなり、結果痛みを生むことになります。

また、内臓的疾患の原因も冷えが関与しているとも研究結果で分かっています。

健やかな毎日を過ごすためにも、体温を上げることは、生命活動を維持するためには、とても重要になります。

 

2.バランス

恒常性(ホメオスタシス)の正常化。

生物のもつ重要な性質のひとつで、生体の内部や外部の環境因子の変化にかかわらず、生体の状態が一定に保たれるという性質、あるいはその状態を指します。

実際に恒常性の機能を高めるために、神経・骨格・内分泌の3つのアプローチを行っています。

 

3.意識

人には自らが治そうとする力が備わっています。

治そうとする力は、個々の内に自らが動機付けされて、その力は発揮します。

個々の心身の捉え方で、治癒のスピードも変わります。

その治癒力のサポートすることも大事は治療だと私たちは捉え、誠心誠意、患者様の立場になって寄り添い、共に機能改善に努めています。

 

【最後に一言】

繰り返しとなりますが、

少しでも身体の不調やお悩みのある方は当院をおたずねください!

皆様のニーズにお応えすべくスタッフ一同全力で対応させていただきます。

執筆者

執筆者

執筆者:土居 優太  治療家年数(14年)

2014年3月 柔道整復師 免許取得

2017年3月 JSPOアスレティックトレーナー 免許取得

2018年3月 柔道整復専科教員 免許取得

2020年3月 JPSAパラスポーツトレーナー 免許取得

湯川鍼灸整骨院 戸畑小芝院 院長を歴任後

トレーナーとして2020東京パラリンピック パラ・パワーリフティング日本代表に帯同

私は、高校の頃テニスで疲労骨折をしてどうすれば早く治せるのか、どうやったらもっと動けるようになるのかに悩んでいました。その経験も踏まえて、それぞれの症状やニーズに合わせて最適な施術を選択して根本改善出来る様、施術をしていきます。国際学園グループで掲げる0歳から100歳まで動ける身体づくりを行うZERO100プロジェクトの実現に向けて最善を尽くします。