ぎっくり腰

  • 重いものを持とうとして腰が痛くなった
  • くしゃみをした時に腰が痛くなった
  • 朝、起きる時に腰が痛くなった
  • 時間の経過と共に痛みが悪化している
  • 季節の変わり目になると腰が痛くなる

このような症状がある方は是非お近くの

「国際学園整骨院グループ」の施術を体験してみて下さい。

ぎっくり腰とは? | 国際学園整骨院グループ

◆ぎっくり腰とは急性腰痛症と言われ、日常生活において頻発する腰の損傷。痛みの原因や発症理由はさまざまで、中腰で物を持ったり、スポーツ選手が競技中に発症したり、労働者が重量物を運搬する際に生じたりします。本来の基礎的状態、例えば不良姿勢、作業姿勢、下肢の形態異常等に様々な外力、自家筋力などが加わり軟部組織の損傷を起こしているものが多い。軟部組織の損傷として「関節性」、「靭帯性」、「筋・筋膜性」に大別されます。老若男女問わず、若い人でも発症することが多いのも特徴で、下肢にしびれがある場合は椎間板ヘルニアに移行することもあります。

ぎっくり腰の原因 | 国際学園整骨院グループ

◆姿勢や腰への注意力が低下している状況下で、ふとした動作やくしゃみなど、突然腰を襲う激しい痛み。

◆筋肉組織の柔軟性の低下。

◆まれに内臓の病気や脊椎の病気など。

◆骨盤の傾斜角や歪み

◆日頃の姿勢の悪さ

 

◇ぎっくり腰を放っておくとどうなるか

◆習慣性(癖)になりやすい。

◆椎間板ヘルニアを起こしていたりする。

◆動くと痛いので何もできない。

◆トラウマとなりプライベートや仕事にて支障を来す。

◆かばって動作する為、他の部位に代償動作が生じ別の痛みが発生する。

◆痛みが消失しても姿勢が戻らず腰に負担がかかる。

 

国際学園整骨院グループの 「ぎっくり腰の施術」  | 国際学園整骨院グループ

・国際学園整骨院グループでは治療理念としてCare(治療)とCure(予防)を提供しております。

問診時に『腹診』や『姿勢の歪み』、動きにくい方向を確認『動診』をしたうえで、痛めている筋肉や機能低下している内臓による筋肉へのストレス等の原因を突き止めます。

施術では急性期による熱感が強い場合はアイシングを行い、痛みの閾値を変える「電気治療器」や「手技療法」、「はりきゅう治療」、「テーピングやさらしによる固定」を行います。

 

はりきゅうが苦手な方には手技療法の中で内臓の機能低下による筋肉や関節の負担がある場合は国際学園整骨院グループだけが行っている「STREX(ストレックス)療法」があり、痛みの緩和だけでなく、内臓機能の回復をすることで身体の内側と外側の両面のバランスを整えることが出来ます。ボキボキと鳴らすアジャストメント治療を行わないので安心です。

骨盤や背骨の歪みがある場合は「猫背矯正」や「骨盤矯正」を定期的に行う事で再発予防も出来ます。

 

・ぎっくり腰はすぐに専門医にみてもらい、

・癖になりやすい症状ですので患者様ご自身の判断で治療をやめない事が重要です。

・日常生活のリズムが変わった時や季節の変わり目は要注意です。

・肥満気味の方はダイエットをして腰への負担を減らすことも大切です。

・適度な運動も行い、腰周辺の関節に柔軟性を与える事が大切です。

・身体の冷えを防ぎ、日頃から良い姿勢を保てるように体幹を鍛えることも大切です。

・骨盤のゆがみを整える事で腰椎(背骨)にかかる負担を減らすことが重要です。