ゴルフ肘

  • ◆肘の内側が痛い。
  • ◆腕を捻ったり、回したりする動作が痛い。
  • ◆手をぎゅっと握った時に肘の内側辺りが痛い。
  • ◆前腕をストレッチした時に痛い。
  • ◆スポーツ(スイング)をする時に肘の内側が痛い。

このような症状がある方は、

是非お近くの

「国際学園整骨院グループ」へお気軽にご相談頂き、

当グループの施術を体験してみてください!

ゴルフ肘とは? | 国際学園整骨院グループ

ゴルフをされていて肘の内側感じる事はございませんか?これがいわゆるゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)というスポーツ障害です。
痛める原因としては無理な行い方でスイングを続けたり、ショットミスなので肘の内側に大きな負荷がかかってしまうと炎症を起こしてしまい、痛みが誘発されます。

似たような症状でテニス肘(上腕骨外側上顆炎)というものがあります。
こちらは肘の外側に起きるスポーツ外傷です。
痛みの出る場所が内側と外側と場所が違うので頭の片隅に入れておくとご自身で判断しやすいかもしれません。

ゴルフ肘の原因 | 国際学園整骨院グループ

・指や手首、前腕を動かす筋肉に疲労が溜まってくると(特に前腕の内側の筋肉)肘の内側にある内側上顆という骨に負担がかかりやすくなってしまい、疲労が蓄積され過ぎてしまいますと炎症が起こります。
また、上腕の筋肉(二の腕の筋肉など)の使いすぎなども痛みの原因に繋がります。
また、肘には腱というものがついています。(腱とは体を動かす際に筋肉の動きをを骨に伝える働きをしています) 筋肉は筋トレで鍛えられますが、腱は鍛えられません!!
老化が進むと筋肉と腱が弱っていくため、中高年の方にゴルフ肘が多いとも言われます。(ゴルフ初心者の方もスイングに慣れていないため、痛めやすいと言われます)

国際学園整骨院グループの 「ゴルフ肘の施術」  | 国際学園整骨院グループ

・手技療法
 炎症の起きている筋肉や靭帯周辺を手でしっかりと緩め、痛みの緩和に繋げていきます。
・STREX ZEN 直流電気治療(筋肉や腱の損傷に有効的な治療機器)➡患部周囲に電気を流し、筋肉・靭帯の緊張を緩和していきます。
・ハンドマッサージ(オイルマッサージ)
指から肘までの固まった筋肉をオイルを用いて施術を行い、筋肉の筋緊張緩和を行っていきます。
・鍼灸治療
 国家資格を持った鍼灸師が痛みの原因を分析し、患部に鍼やお灸を行ったり、患部より離れたポイントから痛みに対するアプローチを行います。(鍼は髪の毛一本ほどの細い鍼を用いて施術致しますので酷い痛みは出ません!※痛みが伴う場合は、事前に担当スタッフからこのくらいの痛みが出ますとお声掛けさせて頂きます。)
お灸治療も火傷をするなどの心配はございません。数回に分けて細かくスタッフが熱さの確認などをしっかりとさせて頂きます。

・テーピング治療➡痛みに対して日常生活動作を行いやすいよう、国家資格所有者が固定、動きの補助を行います。

ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)は早期治療が重要です!痛みがひどくなるまで放置せず、早めに医療機関を受診しましょう!