ゴルフ肘

  • 肘の内側が痛い
  • 腕を捻ったり、回したりする動作が痛い
  • 手をぎゅっと握った時に肘の内側辺りが痛い
  • 前腕をストレッチした時に痛い
  • スポーツ(スイング)をする時に肘の内側が痛い

☆このような症状がある方は、是非お近くの

「国際学園整骨院グループ」へお気軽にご相談頂き、

当グループの施術を体験してみてください!

ゴルフ肘とは? | 国際学園整骨院グループ

◇ゴルフ肘とは

肘の内側に痛みや炎症(上腕骨内側上顆炎)がゴルフで起こることをゴルフ肘といいます。

◆スポーツ障害の1種です。

◆無理な行い方でスイングを続けたり、ショットミスで肘の内側に大きな負荷がかかってしまうと炎症を起こしてしまい、痛みが誘発されます。

◆似たような症状でテニス肘(上腕骨外側上顆炎)というものがありますが、こちらは肘の外側に起きるスポーツ外傷です。

 

※痛みの出る場所が内側と外側と場所が違うので頭の片隅に入れておくとご自身で判断しやすいかもしれません。

ゴルフ肘の原因 | 国際学園整骨院グループ

◇ゴルフ肘の原因

◆指や手首、前腕を動かす筋肉に疲労が溜まってくると肘の内側にある内側上顆という骨に負担がかかりやすくなってしまい、疲労が蓄積され過ぎてしまうと炎症が起こります。

◆上腕の筋肉(二の腕の筋肉など)の使いすぎなども痛みの原因に繋がります。

◆肘には体を動かす際に筋肉の動きを骨に伝える腱や靭帯が付着していますが、これらの腱や靭帯は鍛えることが出来ず、使い続ければ劣化します。

◆老化が進むと筋肉と腱が弱っていくため、中高年の方にゴルフ肘が多いとも言われます。

 

※ゴルフ初心者の方もスイングに慣れていないため、痛めやすいと言われます。

国際学園整骨院グループの 「ゴルフ肘の施術」  | 国際学園整骨院グループ

◇国際学園整骨院グループは長年の経験から独自のSTREX(ストレックス)療法にて

 腹診(経絡)を行い、内側・外側から身体を診てお客様にあった施術を提供致します。

 

①急性期

◆「直流電流療法」

◆「はり治療」

◆直接痛む部分や痛みに遠隔で関わってくる部分を様々な角度から治療し、痛みの緩和(Cure/キュア)を行います。

 

◇痛みが緩和してくれば、今度は根本となる不良姿勢を改善します。

 

②回復期

◆ケアキュアコース「猫背矯正」

◇また、身体の冷えを取り内蔵の調子も上げていく東洋医学的な「経絡」を使った治療などを行い、痛みの出ない予防の為の身体作り(Care/ケア)をしていきます。

◆「きゅう治療」