変形性膝関節症

  • 階段を上ったり、下りたりする時に膝に痛みが発生する。
  • 階段を上ったり、下りたりする時に膝に痛みが発生する。
  • 正座や膝を曲げ伸ばししたときに膝に痛みが出る事が最近ある。
  • 歩行時に膝の痛みが出る事がある。
  • 最近急に体重が増加してしまった。

このような症状がある方は、是非お近くの

「国際学園整骨院グループ」の施術を体験してみてください。

変形性膝関節症(OA)とは? | 国際学園整骨院グループ

膝は立っている時や歩いているとき等に、縦の体重を柔軟に受け止めています。

しかし、強い衝撃を受け止めたり、

長年使い続けていることで軟骨が摩耗で損傷したり変形することがあります。

この変形や損傷に伴う炎症や痛みなどがあるものを

変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)と言います。

変形性膝関節症(OA)の原因 | 国際学園整骨院グループ

◆50代以降女性に発症しやすく、屈伸や階段の昇り降りで膝を酷使した原因の物が多い。

◆極度のダイエットなどで、筋肉の総量が著しく低下した場合や、または急激に増加すると、膝にかかる負担と支える筋肉量のバランスがとれずに関節を損傷する可能性がある。

◆肥満、高BMI値→膝にかかる負担が大きい。

◆靴底のすり減りが偏っている。体感の重心線がずれていることで、

膝にかかる荷重が関節に対して斜めに発生するし損傷する。

 

変形性膝関節症を放っておくとどうなるか

◆肥満など負荷が大きくなることが原因の場合、

最も有効である減量の為に運動する事が難しくなる。

◆変形がひどくなり、膝を折る動作(正座や起立、座ろうとする動作等)で

強い痛みが発生する。日数経過で痛みが増幅してくる。

◆段差や階段の昇降時の痛みをがまんしていると、

最終的には段差等が無くても平地の歩行で強い痛みが発生する。

◆はじめは時々痛いような状態でも、だんだん痛みが連続して強くなり、

関節周囲の筋肉が萎縮することで、さらに歩行のバランスが崩れ、

背骨のズレや腰痛等様々な症状が発生する可能性がある。

国際学園整骨院グループの 「変形性膝関節症(OA)の施術」  | 国際学園整骨院グループ

国際学園整骨院グループは長年の経験から独自のSTREX(ストレックス)療法にて

腹診(経絡)を行い、内側からも外側からも身体を診てお客様にあった施術を提供致します。

 

・体重の減量指導:運動可能な部位に対して最も効果のある運動の指導を行います。

・萎縮した筋肉の緊張を取ることで、体幹軸の前後左右のバランスを調整し、

膝にかかる負担を軽くします。

・直接的な痛みがある場合はテーピングなどで固定、保存療法を行います。

 

 

 

 

 

・筋肉の緊張や痛みを緩和する直流電気治療器などを用いて、

関節や周囲筋に対して施術を行います。

・温熱療法や冷感療法によって、回復促進や炎症抑制を行います。

 

変形性膝関節症は早期発見・早期治療が重要です

・最初は痛みが少なく、大丈夫だろうと放置すると症状が悪化します。

・悪化した後だと、運動療法が限られます。

日々の家事や仕事などで使用するために悪化と回復を繰り返すなど、

改善までの時間が長くなります

・膝の痛みが出たり消えたりしているタイミングが体からのサインです。

両足を揃えて膝を見比べたときに、膝が横へ沿っている様に変化している場合は、

わずかな場合でも一度国際学園整骨院グループへご相談下さい。