自律神経失調症

  • 食欲がなく胃のむかつきや吐き気が続く
  • 疲れが取れない・眠れないことがある
  • なかなか疲れが取れない・眠れないことがある
  • 怒りっぽくなった
  • ぼんやりする

このような症状がある方は、是非お近くの

「国際学園整骨院グループ」の施術を体験してみてください。お気軽にご相談ください!

自律神経失調症とは? | 国際学園整骨院グループ

◆日々の生活習慣やストレスなどで、自律神経のバランスが乱れ、様々な身体の不調を総合し「自律神経失調症」といいます。

原因が明確な筋肉や内臓の病変によるものではない為、症状の現れ方も人それぞれであり、症状の出現も異なります。

◆自律神経とは?

身体の運動をコントロールする「運動神経」に対して、自分の意識とは無関係に、呼吸・体温調節・消化・循環などのコントロールするのが「自律神経」です。

「自律神経」には2種類に分けることができ「交感神経(こうかんしんけい)」と「副交感神経(ふくこうかんしんけい)」があります。

 「交感神経」が高まると酸素を取り込めるように気管を広げたり、筋肉の血流を上げたりすることができます。

外部からのストレスに耐える力や体を動かしやすくし、必要なエネルギーを作り出し生き残るために必要な神経系です。

感情などで顔が赤くなるのも、交感神経が高まることにより血流が上がることが原因と言われています。 

副交感神経」が高まると、主に消化活動の際に働き、食べた物を栄養にする為、内臓が働きやすいよう、体をリラックスさせます。食後に眠くなるのは副交感神経が働いて、脳に行く血流を消化器に回す為と言われています。

自律神経失調症の原因 | 国際学園整骨院グループ

精神的な要因

仕事などで多い対人関係などの「精神的ストレス」や光、音、温度などの外的要因が原因となる「身体的ストレス」などにより自律神経の乱れに繋がります。

ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンの分泌が減少する「更年期障害」では、自律神経の乱れによる、頭痛、めまいなどの不調が現れます。

生活習慣の乱れ

睡眠不足や不規則な生活習慣などにより自律神経の乱れに繋がります。

 

◇ 自律神経失調症を放っておくとどうなるか

◆肩こり、頭痛、眩暈、耳鳴り、動悸、息切れ、吐き気、下痢・便秘、胃の不快感、生理不順、性機能障害など

◆食欲がない、微熱、身体の倦怠感、疲れやすい、力が入らない、睡眠障害、朝起きるのが辛いなど

◆やる気が出ない、怒りっぽくなる、すぐに落ち込んでしまう、不安感を感じる、集中力がないなど

国際学園整骨院グループの 「自律神経失調症の施術」  | 国際学園整骨院グループ

国際学園整骨院グループは長年の経験から独自のSTREX(ストレックス)療法にて

腹診(経絡)を行い、内側からも外側からも身体を診てお客様にあった施術を提供致します。

 

はりきゅう治療:はりきゅう治療は、自律神経を、はり・きゅうを用いて、コントロールすることで、自律神経のバランスを整え、心身共にリラックスさせる効果があります。

 

・ストレスフリー療法:ストレスフリー療法は、温熱療法を用いて、自律神経のバランスを整え、副交感神経を高めてリラックスさせる効果があります。

・STREX療法:腹診を始め、実と虚を見極めて経絡にそって全身の筋肉にアプローチを行う事により、自律神経のバランスを整える効果があります。

 

 

自律神経失調症はストレスを一人で抱え込まず、周りの人に相談することや心身をリラックスさせる方法を見つけることが大切です。