起立性調節障害

  • 立ちくらみ、めまいがする
  • 動悸や息切れがある
  • 倦怠感がある
  • 頭痛がある
  • 立ち上がった時に気分が悪くなったり、失神したりする、朝起きられない

☆このような症状がある方は、是非お近くの

「国際学園整骨院グループ」へお気軽にご相談頂き、

当グループの施術を体験してみてください!

起立性調節障害とは? | 国際学園整骨院グループ

◇起立性調節障害とは

◆自律神経系の異常で循環器系の調整がうまくいかなくなる疾患です。

◆この疾患は自律神経疾患なので、身体的要素以外にも精神的、環境的要因も関わって起こるものと考えられています。

◆小学校高学年〜中学生に多く見られる傾向があります。

起立性調節障害の原因 | 国際学園整骨院グループ

◇起立性調節障害の原因

①過少、もしくは過剰な交感神経活動(交感神経とは怒りやストレスが過剰な時に働く神経)

②水分の摂取不足

③心理的ストレス

④日常生活の活動量低下(筋力低下と自律神経機能悪化→ 下半身への過剰な血液移動→ 脳血流低下)

 

◆原因としては第二次性徴期と重なり、身体の様々な機能が大人の身体へと変化していく時期に、自律神経系の変化と共に循環器系の器官に影響が出ると考えられています。

◆真面目で周りに気を使う子供がよくなりやすいと言われますが、これはストレスを溜め込みやすい事が関係し、精神的、環境的要因が関連すると考えられています。

◆気をつけなければいけないのはあくまでも身体の病気であり、本人が頑張れば改善するというものではありません。

◆生活に支障がきたす場合は疾患の疑いを持ち、医療機関への受診をする必要があります。

国際学園整骨院グループの 「起立性調節障害の施術」  | 国際学園整骨院グループ

◇国際学園整骨院グループは長年の経験から独自のSTREX(ストレックス)療法にて

 腹診(経絡)を行い、内側・外側から身体を診てお客様にあった施術を提供致します。

◆「はり治療」

◆パーソナルインテグレーションコース(オイルマッサージ)

身体の血流促進効果、リラックス効果を最大限に引き出し、ストレス緩和、副交感神経優位の状態にします。

◇身体の冷えを取り内蔵の調子も上げていく東洋医学的な「経絡」を使った治療などを行い、症状の出ない予防の為の身体作り(Care/ケア)をしていきます。

◆「きゅう治療」