捻挫・打撲【原因と対処法】

  • 歩いていたら足首を捻って腫れてきた
  • スポーツをしていたら肩や肘が痛くなって投げられない
  • 転んで膝をぶつけてしまった
  • 首を捻った時寝違えた様な症状が出た
  • スポーツをしていて相手の膝が太ももに当たった

このような症状がある方は、是非

お近くの「国際学園整骨院グループ」の

施術を体験してみてください。

 

私たち国際学園グループでは、人との関わりを大切にし、社会に調和するという日本に古くからある考えを基に、挨拶・感謝・感動・責任を徹底することで、笑顔溢れる社会になるよう日々、研鑽しています。

地域の皆様の健康のサポートを第一に活動を続けております。

 

【初めてのご来店に関して】

当グループ院は予約を優先しており

お客様1人1人のお時間を大切にしております。

ご来店ご希望の際は、事前にご予約を頂けますとスムーズにご案内させていただけます。

お着替えもご準備しております。

ご希望の場合は、スタッフに申しつけ下さい。

捻挫・打撲とは? | 国際学園整骨院グループ

◇捻挫とは

◆関節に力が加わっておこるケガのうち、骨折と脱臼を除いた関節のケガのことです。

◆レントゲンやMRIに骨折や脱臼がないケガがこれにあたります。

◆主に靭帯や腱など軟部組織、軟骨が損傷します。

 

 

◇打撲とは

◆衝撃によって、軟部組織(筋、脂肪、血管など)が損傷することです。

◆骨折や脱臼を併発している可能性もあります。

◆体のどこにでも起こる可能性があります。

捻挫・打撲の原因 | 国際学園整骨院グループ

◇捻挫の原因

◆大きく直達外力と介達外力の2つに分けられます。

 

①直達外力→直接大きい力が加わったものです。

②介達外力→ジャンプの着地で膝を捻じったなど間接的に力が加わったものです。

 

◇捻挫を放っておくとどうなるか?

①1~2ヵ月くらいもすると強い痛みは取れ、日常生活に支障はなくなるがつい無理をしてしまい、その結果関節内に二次的な傷が進行します。

②スポーツ活動などで負担が加わったときの痛みや腫れ、ぐらつき感などが出ます。

③結果、変形性関節症(関節軟骨がすり減って関節が変形)に至る可能性があります。

 

◇打撲の原因

◆衝突や転倒、スポーツ動作などの直達外力にて起こります。

◆軽度の打撲であれば打った部分を圧迫したときに痛みを感じる程度です。

◆中等度以上になると患部が腫れたり、熱感のある痛みを伴ったりします。

 

◇打撲を放っておくとどうなるか?

※直後はあまり症状がなくても、時間の経過とともに悪化する可能性があります。下記の症状がある場合は専門医の診断が必要です。

◆頭を打撲→脳出血や脳震盪などの疑いがあります。

◆太もも→関節が曲げ伸ばししづらくなります。(骨化性筋炎)

国際学園整骨院グループの 「捻挫・打撲の施術」  | 国際学園整骨院グループ

【施術コンセプト】

急な痛みに対しての治療はもちろんのこと、

なかなか改善しない痛みにも根本治療の観点から

様々なアプローチを行い症状の改善のサポートを行います。

例えば肩こり、頭痛、腰痛、関節痛などで日常生活に支障がでてきている方、

またスポーツによるケガやリハビリ、試合前後のコンディショニングケア等で

お悩みの方はいませんか?

是非、お任せ下さい!

 

知識・経験豊富なスタッフが東洋医学的観点、西洋医学的観点より

身体の様々なお悩みを分析し、最善の解決策をご提案させて頂きます。

根本的に治療していきます。

 

 

◇国際学園整骨院グループは長年の経験から独自のSTREX(ストレックス)療法にて

腹診(経絡)を行い、内側からも外側からも身体を診てお客様にあった施術を提供致します。

①急性期

◆「直流電流療法」

◆「はり治療」

◆直接痛む部分や痛みに遠隔で関わってくる部分を様々な角度から治療し、痛みの緩和(Cure/キュア)を行います。

◇痛みが緩和してくれば、今度は根本となる不良姿勢を改善します。

②回復期

◆ケアキュアコース「猫背矯正」「猫背矯正」

 

◇また、身体の冷えを取り内蔵の調子も上げていく東洋医学的な「経絡」を使った治療などを行い、痛みの出ない予防の為の身体作り(Care/ケア)をしていきます。

◆「きゅう治療」

 

~国際学園グループ、治療原則~

1.冷え取り

冷えは万病の源。

多様なアプローチにより冷え取りを行い、免疫機能を正常にします。

体が冷えることにより、血液循環が悪くなり、結果痛みを生むことになります。

また、内臓的疾患の原因も冷えが関与しているとも研究結果で分かっています。

健やかな毎日を過ごすためにも、体温を上げることは、生命活動を維持するためには、とても重要になります。

 

2.バランス

恒常性(ホメオスタシス)の正常化。

生物のもつ重要な性質のひとつで、生体の内部や外部の環境因子の変化にかかわらず、生体の状態が一定に保たれるという性質、あるいはその状態を指します。

実際に恒常性の機能を高めるために、神経・骨格・内分泌の3つのアプローチを行っています。

 

3.意識

人には自らが治そうとする力が備わっています。

治そうとする力は、個々の内に自らが動機付けされて、その力は発揮します。

個々の心身の捉え方で、治癒のスピードも変わります。

その治癒力のサポートすることも大事は治療だと私たちは捉え、誠心誠意、患者様の立場になって寄り添い、共に機能改善に努めています。

 

 

 

 

【最後に一言】

この欄まで読んでいただきありがとうございます。

当院は新型コロナ対策として消毒、換気は常に徹底しています。

安心して来院いただけます。

 

繰り返しとなりますが、

少しでも身体の不調やお悩みのある方は当院をおたずねください!

 

皆様のニーズにお応えすべくスタッフ一同全力で対応させていただきます。