肉離れ

  • スポーツのウォームアップなどで痛みが出た
  • 運動中にこむら返りの症状が出て消失しない
  • 整形外科医師より肉離れの診断を受けた
  • 肉離れ後、治ってもパフォーマンスが戻らない
  • 早く競技復帰をしたい

このような症状がある方は是非お近くの

「国際学園整骨院グループ」の施術を体験してみて下さい。

肉離れとは? | 国際学園整骨院グループ

◆肉離れとは急な運動、または同じ動作の頻回により強い筋収縮や過度な伸長により、筋肉を構成する組織(筋膜・筋線維)が損傷することをいいます。その為、スポーツ現場でよく見かける怪我であり、各競技の特性と強く関係しております。

重症度が3段階定義されており、I度、Ⅱ度、Ⅲ度損傷と分類されます。

基本的に保存療法(手術などを行わない)を選択される場合が多く、整骨院では筋挫傷として治療を行うことが可能です!

疼痛Pain・内出血Internal bleeding・損傷部の陥凹Depressionという症状が見られます。

競技復帰後の再発防止に力を入れる必要があります

肉離れの原因 | 国際学園整骨院グループ

◆筋肉のストレッチ不足で柔軟性が低下しており、身体が硬い

◆ストップ&ダッシュや急な動き出しがあるスポーツ競技

(サッカー、バレーボール、バスケットボール、テニス、卓球、陸上競技、剣道等)

◆筋肉量が不足している(過度な負荷がかかった)

◆普段運動していない方がスポーツをした

◆体内の栄養バランスの乱れ

が要因として考えられます。

 

◇肉離れを放っておくとどうなるか

◆痛みがありながら、スポーツ競技など継続した場合、

筋組織が治らずに本来のパフォーマンスになかなか戻らない

◆筋組織の修復が不十分で再発しやすい

◆スポーツ競技に復帰する期間が長引く

が考えられますので、しっかりと治療するべきケガです。

国際学園整骨院グループの 「肉離れの施術」  | 国際学園整骨院グループ

国際学園整骨院グループは長年の経験から独自のSTREX(ストレックス)療法にて

腹診(経絡)を行い、内側からも外側からも身体を診てお客様にあった施術を提供致します。

アジャストメントは行わずに、急性期もしくは慢性期に適した

「手技療法」「はりきゅう治療」「セルフケアの指導」

「テーピング治療」「超音波治療(深部温熱治療」等を行い、

1日でも早く元通りのパフォーマンスができるように全力でサポートしていきます。

・主な原因筋となる、大腿四頭筋、ハムストリングス(大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋)、下腿三頭筋(ヒラメ筋・腓腹筋)などのストレッチ指導

・主な経絡経穴となる、脾経、胃経、膀胱経にアプローチを行うはりきゅう治療

・走り方、ストップ&ダッシュ、ジャンプのやり方などの解剖学的、運動学的観点からの指導

・スポーツ後のセルフケアの指導

・痛みが軽減するサポートでのテーピング治療

・超音波治療機器による深部温熱療法

 

・栄養バランス改善に向けてのアドバイス

・股関節、膝関節、足関節だけでなく

根本治療となる骨盤の歪みを矯正する骨盤矯正※1番人気

 

★肉離れは股関節、膝関節、足関節などに関連する骨格筋の柔軟性が一番重要であり、

早期に治療を行い、再発防止に力を入れることが大切になってきます。

急性期(炎症所見が見られる)の場合は

RICE処置(安静rest・冷却icing・圧迫compression・挙上elevation)が基本となります!

上記を参考にしていただき、整骨院へTELなどで対処方法などいつでもご相談ください!

お子さんや生徒さんなどに所見が見られた場合でもご相談ください、全力でサポートしてまいります!よろしくお願いいたします。