脊柱管狭窄症

  • 常に弱いシビレをおしりや足に感じる。
  • 腰を反らすと痛みやシビレが強くなる。
  • 200mほど歩くと足が重く感じる。
  • しゃがむとシビレが弱くなる。

腰の症状はぎっくり腰やヘルニアだけではありません。上記の症状がある方は脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)の可能性があります。早期発見、早期治療することで痛みがある期間を短くすることができます!

このような症状がある方は是非お近くの

「国際学園整骨院グループ」の施術を体験してみて下さい。

脊柱管狭窄症とは? | 国際学園整骨院グループ

 

◆脊柱管狭窄症は、ヘルニアと同様に脊髄などが圧迫されることで

痛みやシビレが発生するものですが、脊髄を圧迫するメカニズムがヘルニアとは異なります。

脊柱管狭窄症は、日々の疲労や負担が繰り返し重なったり、

加齢や生活習慣によって背中が丸まっていく猫背症状が原因で

骨格が変形したり背骨を支える靭帯が厚くなることで、

背骨の中にある脊髄が圧迫されて下半身にシビレや痛みが起こります。

また医学的に2種類に分類され、脊髄自体を圧迫されたものを「馬尾型」と言い、

両足の痺れや痛み、足が冷たく感じるなどの異常感覚、排尿障害が起きます。

もう一つは「神経根型」脊髄の枝分かれした部分で圧迫が起こり、

片足の痺れや痛みが特徴です。

脊柱管狭窄症の原因 | 国際学園整骨院グループ

◆骨格の変形。姿勢の歪みが長期間ある場合や、骨格を支える筋力が不足する(筋力低下や体重増加)ことによって発生します。

◆背骨を支える靭帯の肥厚。長期間の姿勢の歪みから、骨格だけではなく靭帯に負荷がかかり続けることで発生します。

他にも強い外力によって変形が発生するケースもありますが、ほとんどの症状は日々の生活習慣など様々な要因から姿勢の歪みが発生し、その結果骨格や靭帯が変形することで脊髄などを圧迫したことでシビレ・だるさ・痛みなどになります。

 

◇脊柱管狭窄症症状を放っておくとどうなるか

◆歩行が困難となる。個人差はありますが、200メートルほど歩行するとだるさや痛みが出る状態になり、休みながらでないと歩行での移動が大変になります。

◆立っていることもつらくなる。家事や立ち仕事など長時間立っているだけでも痛みが表れてくることで日常生活に悪影響がでてきます。

◆外出したくなくなる。立っていることも歩くこともつらくなることで、外出が苦痛になり、筋力が低下するなど更に悪循環につながっていきます。

※手術の歩行困難の場合に行なうことが多いです。方法は二種類で、1つは除圧術。骨や靭帯、椎間板を削る術式。もう1つは固定術。骨のぐらつきが強い場合は切開し、Kワイヤーなどの固定金具で止める方法があります。

※放っておいても物理的良くなることはありえません。また更なる負荷で複合症状が起こることも少なくありません。

国際学園整骨院グループの 「脊柱管狭窄症の施術」  | 国際学園整骨院グループ

当グループはたくさんの技術者がおり、西洋医学、東洋医学の複数の多角的手技療法

で様々なアプローチが可能です。

国際学園整骨院グループは長年の経験から独自のSTREX(ストレックス)療法にて

腹診(経絡)を行い、内側からも外側からも身体を診てお客様にあった施術を提供致します。

 

①姿勢分析を基に、強張って歪んだ筋肉のバランスを正常に近づけていく「バランス整体」

②骨格の土台となる骨盤を正常に保つため、骨盤のプロフェッショナルが作ったプログラム「骨盤調整」

③丸まった背中は腰に大きな負担がかかります。上半身の歪みの元となる背骨を整える「猫背調整」

④骨格を支えるための筋力が不足している場合は、楽して筋肉を作る「楽トレ」

⑤東洋医学を用い、嘘のように症状が消える可能性がある「鍼灸治療」

⑥痛みの除去には特に有効 当社開発治療器「直流治療」

 

まずはご来院ください‼

的確な問診、検査を行ない、あなたに一番効果のある治療をお伝えいたします。

 

あなたの「出来ない」を「出来る」に‼

脊柱管狭窄症は、がまんより適切な処置が重要です!