四十肩・五十肩

  • 肩が痛くて動かしづらい
  • 手を上げると肩が痛い。
  • 手を後ろに回せない。
  • 夜寝ていると肩が痛くて起きてしまう。

このような症状がある方は、是非お近くの

「国際学園整骨院グループ」の施術を体験してみてください。

四十肩・五十肩とは? | 国際学園整骨院グループ

まず、四十肩という病名は存在しません。日常会話の中で使われる「俗称」という位置づけです。

肩こりやギックリ腰などと同様の俗称という扱いで、40歳代や50歳代に多い肩の痛みや腕が上がらない、手が後ろに回せないなどの運動障害を症状としています。

四十肩や五十肩が当てはまる病名としては「肩関節周囲炎」があります。

四十肩・五十肩の原因 | 国際学園整骨院グループ

・上腕二頭筋長頭腱炎

いわゆる「力こぶ」の筋肉がつながっている肩の部分が炎症を起こしてしまうと痛みや動きの妨げになってしまいます。重労働やアスリート、トレーニングのお好きな方に多く見られます。病態が進行すると慢性化したり腱の断裂を引き起こすこともあります。

・腱板疎部(肩関節前方の膜や靭帯)炎

腱板疎部とは肩関節前方の膜や靭帯などの部分を指し、そこに炎症が起きることで痛みや動きの妨げになってしまいます。肩甲骨の動きの改善やストレッチで前後の緩みのバランスを取ることが大切です。

・肩関節包炎

関節を滑らかに動かすための液が入っている部分が炎症を起こしてしまうと痛みや動きの妨げになってしまいます。関節の動きが悪いまま組織が癒着してしまうと痛みが収まっても思うように関節が動かせなくなってしまいます。温めること、適切な運動療法を行うことが効果的です。

 

こういった肩の痛みや動きの制限をそのままにしてしまうと、痛みは収まっても肩が上がりづらくなる関節拘縮や着替えや洗髪が上手くできないなど日常生活への影響へ繋がってしまいます。そのうち痛みは収まるだろうと放っておかず、ぜひ一度ご相談ください。

国際学園整骨院グループの 「四十肩・五十肩の施術」  | 国際学園整骨院グループ

・ボディバランス整体

痛みの原因となる肩や周囲のこわばりをほぐしたり、痛みを庇うことで崩れる左右差などの身体のバランスを整えます。痛みがある動作は無意識的に避けてしまいがちで、逆の手や背中などに思いの外負担がかかってしまいます。また、症状を悪化させる冷えをとることも効果的です。

・猫背矯正

肩甲骨の動きの改善や首・肩・背中のストレッチを十分に行うことで肩の動きの制限を治療していきます。痛みが収まっても以前のように肩が動かせない・回らないといった症状に効果的です。肩の動きを改善するとともに姿勢悪化による頚椎~背中にかかる負担を軽減します。

・鍼灸治療

治療専用の鍼やお灸で奥深くの筋肉や経絡へアプローチします。こわばっている筋肉をほぐしたり、経絡治療、血流改善や自律神経を整える効果を期待できます。鍼というと痛いというイメージも一部にはありますが、髪の毛より細く顔にも施術する美容鍼灸などに用いられる鍼灸治療専用の鍼なので安心ください。

・高周波治療

鍼灸が苦手な方にもおすすめなのが、身体の深部まで届く高周波による治療です。表面から約15cm奥まで届く高周波を使うことで深層の治療が可能です。痛みで腕が思うように動かせない方でも筋肉へパルスを送ることで無理に動かすことなく受けることができます。無理なストレッチは身体に負担をかけるどころか怪我をしてしまいます。動ける範囲で運動療法も取り入れつつ、動かすのが辛い部分には電気治療と様々な治療方法を提案させていただきます。