すべり症

  • ◆お尻から足にかけてしびれる
  • ◆慢性的な腰痛がある
  • ◆腰を反らせると痛い
  • ◆長い距離を歩けない

このような症状がある方は、

是非お近くの

「国

 

際学園整骨院グループ」へお気軽にご相談頂き、

当グループの施術を体験してみてください!

すべり症とは? | 国際学園整骨院グループ

◆脊椎すべり症は、椎骨(背骨を構成する一つ一つの骨)が前後にズレたために、脊柱の中を通る神経を圧迫して痛みやシビレが起こるという病気です。
脊椎すべり症には椎骨が欠けて分離した脊椎分離を伴っているもの(分離すべり症)と、そうでないもの(変性すべり症)があります。
分離すべり症は椎間関節(上下の椎骨をつなぐ関節)が分離して脊椎の安定性が悪くなり、成長期では椎体が変形したり、壮年期では椎間板が変性したりして発症します。
それ以外のすべり症は、椎間板の変性によるものが多く、腰部脊柱管狭窄症の原因となる事があります。
いずれも症状は、腰痛や下肢のしびれの他、まれに足の力が入りにくくなったりすることもあります。

すべり症の原因 | 国際学園整骨院グループ

◆腰椎すべり症を発症する明らかな原因はわかっていません。「変性すべり症」は「分離すべり症」に比べて発生の頻度が高く、中年以降の女性に多く見られることから女性ホルモンの影響を受けているのではないかとも言われています。「分離すべり症」は、思春期のスポーツ活動などによる腰の骨の疲労骨折である「腰椎分離症」に引き続いて生じ、第5腰椎に多いのが特徴です。

◇放っておくとどうなるか

◆症状によっては手術が必要となる為、腰痛が長引くようであれば整形外科での受診をおすすめします。

国際学園整骨院グループの 「すべり症の施術」  | 国際学園整骨院グループ

・すべり症の痛みには、「手技療法」や「はりきゅう治療」が効果的です。

 

また、痺れに対しては電気刺激が有効な為、「低周波鍼通電療法」が効果的です。

 

また、症状を悪化させない為に、腰を過度に動かさないよう、「コルセット」や「腰痛ベルト」の着用による固定も予防策となります。

 

また、インナーマッスルが低下することによって、自力で骨盤を支えられず、背骨が歪んでしまう為、症状が強くなることがあります。その為、インナーマッスルを「楽トレ」で鍛えることで根本解決に導きます。