TFCC損傷

  • ◆ドアノブを回すのが辛い。
  • ◆手首を動かすと痛みがでる。
  • ◆重たい荷物を持つと痛い。
  • ◆パソコン操作が痛い。
  • ♦タオルを絞る動作が痛い。

このような症状がある方は、

是非お近くの

「国際学園整骨院グループ」へお気軽にご相談頂き、

当グループの施術を体験してみてください!

三角線維軟骨複合体損傷(TFCC損傷)? | 国際学園整骨院グループ

◆三角線維複合軟骨(TFCC)は

三角線維軟骨、メニスクス類似体、掌・背側遠位橈尺靭帯、尺側側副靭帯の

複合体の事を指し、前腕回旋の中心となる働きと尺屈動作(手首を小指側に倒すような動き)

でのクッションの役割があります。

ここの軟骨組織に炎症が起こり、手首(小指側)で痛みが生じると、

三角線維軟骨複合体損傷(TFCC損傷)の診断が出やすいです。

 

症状として主に手首を回す動作、小指側に手首を動かす動作の時に強い痛みが生じます。

手首の腫れや可動域制限などの症状が出る場合もあります。

 

診断方法は、痛みの出ている場所を押したときの痛み、尺骨頭の不安定性、手首を尺屈・回外させて痛みを発生させる尺屈回外テストを行います。(MRIや関節造造影を行う場合もあります。)

痛みの原因のひとつは損傷部に異常な血管が増えていることが原因です。

異常な血管と神経が一緒になって増えているため、強い痛みの原因となります。

 

※腱鞘炎との違い

 腱鞘炎は手の使い過ぎにより指や手首の関節に痛みが生じます。手の腱のうち、指を曲げる方向に使う場合は屈筋腱、伸ばす場合は伸筋腱を使います。

腱は腱鞘というトンネルの中を滑るように動きます。手を使いすぎると腱と腱鞘の間で摩擦が起こり、痛みがでたり、腫れたりします。

※痛みは似ていても、痛めた場所が違い、軟骨か腱鞘かという違いです。

三角線維軟骨複合体損傷(TFCC損傷)の原因 | 国際学園整骨院グループ

◆転倒などで手を強く衝いた際や手首から前腕に強い捻じれ(特に内捻り)の負担がかかった場合に発生するものや手首の使い過ぎが原因で発生するもの、骨折に伴って発生するもの、加齢に伴う変性などが原因と考えられます。

        また、関節リウマチや痛風、野球やテニス、ゴルフなどの手を多く使うスポーツ活動なども三角線維軟骨複合体損傷(TFCC損傷)の発生リスクにつながる場合があります。

 

   ◇ 三角線維軟骨複合体損傷(TFCC損傷)(症状)を放っておくとどうなるか。

    ◆長期間痛みが続く。

    ◆日常生活動作に支障が出る。

    ※治療が遅れた場合、慢性例ではステロイド注射や装具(サポーター)療法を行い痛みが引かないものは手術を行う場合もあります。

国際学園整骨院グループの 「三角線維軟骨複合体損傷(TFCC損傷)の施術」  | 国際学園整骨院グループ

・手技療法➡患部周辺の筋肉や靭帯を緩めていきます。

    ・STREX  ZEN直流電気治療(筋肉や腱の損傷に有効的な治療機器)➡患部周囲に電気を流し、筋肉・靭帯の緊張を緩和していきます。

    ・鍼灸治療➡患部周囲に髪の毛程の鍼を用いて施術を行い筋肉を緩め、お灸で血行促進を測り痛みの緩和に繋げます。

    ・テーピング治療➡痛みに対して日常生活動作を行いやすいよう、国家資格所有者が固定、動きの補助を行います。

   三角線維軟骨複合体損傷(TFCC損傷)は早期治療が重要です!痛みがひどくなるまで放置せず、早めに医療機関を受診しましょう!