野球肘

  • ◆お子様の野球投球時に肘に痛みが出ている
  • ◆野球での試合や練習後の肘の痛み
  • ◆その他スポーツで投球動作にて痛みがでる

このような症状がある方は、

是非お近くの

「国際学園整骨院グループ」へお気軽にご相談頂き、

当グループの施術を体験してみてください!

野球肘とは? | 国際学園整骨院グループ

・野球肘とは野球の投球動作により肘を痛めるスポーツ障害の事です。
成長期のお子様に多く発生すると言われております。(大人の成熟した骨に比べて子供の成長期の骨は成長軟骨と呼ばれるまだまだ弱い軟骨があります。そこに投球での負担やオーバーユース(使い過ぎ)などが重なり痛み、障害の原因となります。
また、野球肘は2つの種類に分けられ、肘の内側に発生する内側側副靭帯損傷(内側型野球肘)と、肘の外側に発生する離脱性骨軟骨炎(外側型野球肘)とがあります。
内側型野球肘の方が頻度が圧倒的に高く、特に野球少年が多く発生します。
投球動作によって肘の内側に離れようとする力が繰り返しかかることによって発生し、成長が終わった高校生以降では骨と骨をつなぐ靭帯自体が損傷され、少年期には靭帯が付着している成長軟骨付近の骨成分が炎症を起こします。しかし、重症となることは少なく、多くの場合は安静にすることで軽快します。

一方、外側型野球肘は、肘の上の上腕骨と下の橈骨(とうこつ)が、投球動作でぶつかる力がかかり続けることで、骨の表面にある関節軟骨を傷つけていきます。これが進行して発症し、発生頻度は低いものの、どんどん悪化する場合は手術が必要となることもあります。

野球肘の原因 | 国際学園整骨院グループ

◇野球肘の原因
◆ボールを投げる際には肘関節に大きな負荷が加わります。
速い球を投げたり、変化球を投げたり、悪いフォームで投げたりすると1回1回の投球で肘にかかる負担が大きくなります。
また、ボールを投げる投球数が多くなると疲労が増えより肘にかかる負担はより増大します。
投球フォームや身体の柔軟性も発生要因と考えられます。

国際学園整骨院グループの 「野球肘の施術」  | 国際学園整骨院グループ

・手技療法

患部周辺の筋肉や靭帯を緩めていきます。

・STREX ZEN直流電気治療(筋肉や腱の損傷に有効的な治療機器)

患部周囲に電気を流し、筋肉・靭帯の緊張を緩和していきます。

・鍼灸治療

国家資格を持った鍼灸師が痛みの原因を分析し、患部に鍼やお灸を行ったり、患部より離れたポイントから痛みに対するアプローチを行います。(鍼は髪の毛一本ほどの細い鍼を用いて施術致しますので酷い痛みは出ません!※痛みが伴う場合は、事前に担当スタッフからこのくらいの痛みが出ますとお声掛けさせて頂きます。)
お灸治療も火傷をするなどの心配はございません。数回に分けて細かくスタッフが熱さの確認などをしっかりとさせて頂きます。

・テーピング治療

痛みに対して日常生活動作を行いやすいよう、国家資格所有者が固定、動きの補助を行います。

・ハンドマッサージ(オイルマッサージ)

指から肘までの固まった筋肉をオイルを用いて施術を行い、筋肉の筋緊張緩和を行っていきます。

野球肘は早期治療が重要です!痛みがひどくなるまで放置せず、早めに医療機関を受診しましょう!