野球肘【原因と対処法】

  • スポーツ(特に野球投球時)に肘に痛みが出る
  • 試合や練習後に肘の痛みが出る
  • 肘を触ると痛い
  • 日常生活では同様の痛みは無い
  • 繰り返しの動作が多い

☆このような症状がある方は、是非お近くの

「国際学園整骨院グループ」へお気軽にご相談頂き、

当グループの施術を体験してみてください!

 

私たち国際学園グループでは、人との関わりを大切にし、社会に調和するという日本に古くからある考えを基に、挨拶・感謝・感動・責任を徹底することで、笑顔溢れる社会になるよう日々、研鑽しています。

地域の皆様の健康のサポートを第一に活動を続けております。

 

【初めてのご来店に関して】

当グループ院は予約を優先しており

お客様1人1人のお時間を大切にしております。

ご来店ご希望の際は、事前にご予約を頂けますとスムーズにご案内させていただけます。

お着替えもご準備しております。

ご希望の場合は、スタッフに申しつけ下さい。

野球肘とは? | 国際学園整骨院グループ

◇野球肘とは野球などの投球動作により肘を痛めるスポーツ障害です。

◆成長期の子供に多く発生すると言われてます。

◆子供の成長期は成長軟骨と呼ばれる軟骨があり、そこに投球での負担やオーバーユース(使い過ぎ)などが重なると痛み、障害の原因となります。

野球肘の原因 | 国際学園整骨院グループ

◇野球肘の原因

◆ボールを投げる際には肘関節に大きな負荷が加わります。

◆速い球を投げたり、変化球を投げたり、悪いフォームで投げたりすると1回1回の投球で肘にかかる負担が大きくなります。

◆ボールを投げる投球数が多くなると疲労が増えより肘にかかる負担はより増大します。

◆投球フォームや身体の柔軟性も発生要因と考えられます。

 

◇野球肘の分類

◆野球肘は2つの種類に分けられ、肘の内側に発生する内側側副靭帯損傷(内側型野球肘)と、肘の外側に発生する離脱性骨軟骨炎(外側型野球肘)とがあります。

①内側型野球肘

◆外側より頻度が圧倒的に高く、特に野球少年が多く発生します。

◆投球動作によって肘の内側に離れようとする力が繰り返しかかることによって発生し、成長が終わった高校生以降では骨と骨をつなぐ靭帯自体が損傷され、少年期には靭帯が付着している成長軟骨付近の骨成分が炎症を起こします。

◆重症となることは少なく、多くの場合は安静にすることで軽快します。

 

②外側型野球肘

◆肘の上の上腕骨と下の橈骨(とうこつ)が、投球動作でぶつかる力がかかり続けることで、骨の表面にある関節軟骨を傷つけていきます。

◆進行して発症し、どんどん悪化し離断性骨軟骨炎(OCD)となった場合は手術が必要となります。

国際学園整骨院グループの 「野球肘の施術」  | 国際学園整骨院グループ

【施術コンセプト】

急な痛みに対しての治療はもちろんのこと、

なかなか改善しない痛みにも根本治療の観点から

様々なアプローチを行い症状の改善のサポートを行います。

例えば肩こり、頭痛、腰痛、関節痛などで日常生活に支障がでてきている方、

またスポーツによるケガやリハビリ、試合前後のコンディショニングケア等で

お悩みの方はいませんか?

是非、お任せ下さい!

 

知識・経験豊富なスタッフが東洋医学的観点、西洋医学的観点より

身体の様々なお悩みを分析し、最善の解決策をご提案させて頂きます。

根本的に治療していきます。

 

 

◇国際学園整骨院グループは長年の経験から独自のSTREX(ストレックス)療法にて

 腹診(経絡)を行い、内側・外側から身体を診てお客様にあった施術を提供致します。

①急性期

◆「直流電流療法」

◆「はり治療」

◆直接痛む部分や痛みに遠隔で関わってくる部分を様々な角度から治療し、痛みの緩和(Cure/キュア)を行います。

◇痛みが緩和してくれば、今度は根本となる不良姿勢を改善します。

②回復期

◆ケアキュアコース「猫背矯正」

◇また、身体の冷えを取り内蔵の調子も上げていく東洋医学的な「経絡」を使った治療などを行い、痛みの出ない予防の為の身体作り(Care/ケア)をしていきます。

◆「きゅう治療」

 

~国際学園グループ、治療原則~

1.冷え取り

冷えは万病の源。

多様なアプローチにより冷え取りを行い、免疫機能を正常にします。

体が冷えることにより、血液循環が悪くなり、結果痛みを生むことになります。

また、内臓的疾患の原因も冷えが関与しているとも研究結果で分かっています。

健やかな毎日を過ごすためにも、体温を上げることは、生命活動を維持するためには、とても重要になります。

 

2.バランス

恒常性(ホメオスタシス)の正常化。

生物のもつ重要な性質のひとつで、生体の内部や外部の環境因子の変化にかかわらず、生体の状態が一定に保たれるという性質、あるいはその状態を指します。

実際に恒常性の機能を高めるために、神経・骨格・内分泌の3つのアプローチを行っています。

 

3.意識

人には自らが治そうとする力が備わっています。

治そうとする力は、個々の内に自らが動機付けされて、その力は発揮します。

個々の心身の捉え方で、治癒のスピードも変わります。

その治癒力のサポートすることも大事は治療だと私たちは捉え、誠心誠意、患者様の立場になって寄り添い、共に機能改善に努めています。

 

 

 

 

【最後に一言】

この欄まで読んでいただきありがとうございます。

当院は新型コロナ対策として消毒、換気は常に徹底しています。

安心して来院いただけます。

 

繰り返しとなりますが、

少しでも身体の不調やお悩みのある方は当院をおたずねください!

 

皆様のニーズにお応えすべくスタッフ一同全力で対応させていただきます。