眼精疲労

  • ◆目が重い。まぶたがピクピクする。
  • ◆目が乾く、かすんで見える。
  • ◆頭痛がする。
  • ◆首こり・肩こりがひどい。
  • ◆イライラ感、吐き気など。

このような症状がある方は、

是非お近くの

「国際学園整骨院グループ」へお気軽にご相談頂き、

当グループの施術を体験してみてください!

眼精疲労とは? | 国際学園整骨院グループ

目を使う作業を続けることにより、目だけでなく全身に症状がおよび、休息や睡眠をとっても十分に回復しない状態が眼精疲労です。

見えづらいのに無理をして見ようとすることで目の筋肉に疲労が溜まっていきます。ピントを調節する毛様体筋は自律神経によって支配されているため、目を使い過ぎて毛様体筋が疲れると、自律神経のバランスが崩れて、全身に症状があらわれると考えられています。

眼精疲労の原因 | 国際学園整骨院グループ

◆目を疲れさせる作業環境

・長時間のテレビやパソコン・スマホを見るVDT(VisualDisplayTerminal)作業

・照明のちらつき、ディスプレイへの映り込みなど光の刺激

近年、テレビ、パソコン、スマートフォンなどの画面を見すぎることにより、さまざまな症状が出るVDT症候群が問題になっています。集中して画面を見つめるVDT作業ではまばたきが減り、涙が目の表面から蒸発しやすくなり目の乾燥や疲れも進むといわれています。

 

・エアコンの風などでの目の乾燥(ドライアイ)

目の表面のうるおいをたもつ涙の量が減ったり、成分バランスが変化したりすると目の表面が乾燥し、傷がつきやすくなり感染症を起こしやすくなることもあります。

こうしたドライアイのさまざまな症状は眼精疲労の原因となりやすいといわれています。

・全身の疲労や過度なストレスなど

健康に問題があると、目にかかる負荷に耐える力が足りなくなってしまいます。また、ストレスで自律神経に影響があると、まばたきや涙の量が減り、目の疲労も進んでしまいます。

 

目の疲労が蓄積されていくと目のかすみや痛み、首の疲れや首コリ、頭痛や吐き気など仕事やん日常生活へも影響が出てきてしまいます。たかが目の疲れと思って放っておかずに適切なケアを行っていくことが大切です。

国際学園整骨院グループの 「眼精疲労の施術」  | 国際学園整骨院グループ

・アイケア(顔頭ツボ)

 顔や頭には多くのツボ(経絡)があり、ツボを押さえながら指で目の周りや頭全体をほぐしていきます。落ち着いた空間で優しく指圧をしていくのでリラックス効果も非常に高いメニューです。

・ネックケア

ファイテンのメタックスローションを用いて首まわりの筋肉に浸透させ、しっかり緩めるとともに頭部への血行を改善します。首まわりの緊張をほぐすことでリラックス効果も得られます。

・鍼灸治療

治療専用の鍼やお灸で経絡へアプローチします。目に関連する経絡を刺激することで目の疲労回復・血流改善を行います。鍼というと痛いというイメージも一部にはありますが、髪の毛より細く顔にも施術する美容鍼灸などに用いられる鍼灸治療専用の鍼なのでご安心ください。

・バランス整体

首コリや肩コリや背中の緊張など眼精疲労の影響が出ているところをしっかりほぐして緊張の緩和と血流改善を行います。目の疲れと思われがちですが、眼精疲労の影響は身体の各部へ現れます。崩れた体のバランスを整えて自己治癒力を高めます。