梨状筋症候群

  • お尻の外側や太ももの裏側、足に痛みやシビレがある
  • お尻の外側や太ももの裏側、足に痛みやシビレがある
  • 腰やお尻を動かすと下半身に痛みや痺れがある
  • 夜、お尻や足に痛みや痺れがあり眠れない
  • 立っていると脚に痛みや痺れがあり立っているのが辛い

☆このような症状がある方は、是非お近くの

「国際学園整骨院グループ」へお気軽にご相談頂き、

当グループの施術を体験してみてください!

梨状筋症候群とは? | 国際学園整骨院グループ

◇梨状筋症候群とは?

◆坐骨神経痛の1つで、梨状筋が坐骨神経を圧迫して起こるといわれている坐骨神経の障害を梨状筋症候群と呼びます。

◆下半身には坐骨神経という大きな神経があり骨盤から出て足へ向かいますが、その際骨盤の出口のところで「梨状筋」という筋肉とのトンネルを通ります。

◆この筋肉に過度な負担がかかって硬くなってしまうとお尻の痛みを引き起こしたり、側を走る坐骨神経をつぶしてしまいシビレが出てきてしまいます。

 

梨状筋症候群の原因 | 国際学園整骨院グループ

◇梨状筋症候群の原因

◆脚を組んだり、仙骨座り(骨盤の仙骨が背もたれに当たる、骨盤後傾位での座り方)などの日常生活内での不良動作を繰り返してしまい、骨盤の位置の不具合やお尻の筋肉(梨状筋)のこわばりが出ることで、神経症状を引き起こします。

 

◆軽いと思って放っておくと

①靴下を履こうとしても痛くて履けない。

②お尻や足が痛くて眠れない。

③足が痺れたり力が入らなくなって歩くことが難しくなった。

 

などの不具合が現れる為、すぐに治療することが大事です。

国際学園整骨院グループの 「梨状筋症候群の施術」  | 国際学園整骨院グループ

◇国際学園整骨院グループは長年の経験から独自のSTREX(ストレックス)療法にて

 腹診(経絡)を行い、内側・外側から身体を診てお客様にあった施術を提供致します。

①急性期

◆「直流電流療法」

◆「はり治療」

◆直接痛む部分や痛みに遠隔で関わってくる部分を様々な角度から治療し、痛みの緩和(Cure/キュア)を行います。

◇痛みが緩和してくれば、今度は根本となる不良姿勢を改善します。

②回復期

◆ケアキュアコース「骨盤矯正」

◇また、身体の冷えを取り内蔵の調子も上げていく東洋医学的な「経絡」を使った治療などを行い、痛みの出ない予防の為の身体作り(Care/ケア)をしていきます。

◆「きゅう治療」