梨状筋症候群

  • お尻の外側や太ももの裏側、足に痛みやシビレがある。
  • お尻の外側や太ももの裏側、足に痛みやシビレがある。
  • 腰やお尻を動かすと下半身に痛みや痺れがある。
  • 夜、お尻や足に痛みや痺れがあり眠れない。
  • 立っていると脚に痛みや痺れがあり立っているのが辛い。

このような症状がある方は、

是非お近くの

「国際学園整骨院グループ」へお気軽にご相談頂き、

当グループの施術を体験してみてください!

梨状筋症候群とは? | 国際学園整骨院グループ

梨状筋症候群とは? 下半身には坐骨神経という大きな神経があり骨盤から出て足へ向かいますが、その際骨盤の出口のところで「梨状筋」という筋肉とのトンネルを通ります。 この筋肉に過度な負担がかかって硬くなってしまうとお尻の痛みを引き起こしたり、側を走る坐骨神経をつぶしてしまいシビレが出てきてしまいます。 このような病気を梨状筋症候群といい、狭い意味では梨状筋自体が原因となる圧迫性坐骨神経障害を指します。しかし、病院の診察では上記の圧迫性坐骨神経障害の総称として、梨状筋症候群が用いられています。坐骨神経痛がいろいろな病態の総称であるのと同じです。

梨状筋症候群の原因 | 国際学園整骨院グループ

◇ 梨状筋症候群(症状)の原因

    ◆日頃の姿勢の悪さ

    ◆骨盤の歪みによる腰やお尻の筋肉のこわばり

 

   ◇ お尻や足の軽い痛みやシビレだと思って放っていたら・・・

    ◆靴下を履こうとしても痛くて履けない

    ◆お尻や足が痛くて眠れない

    ◆足が痺れたり力が入らなくなって歩くことが難しくなった。

国際学園整骨院グループの 「梨状筋症候群の施術」  | 国際学園整骨院グループ

・ボディバランス整体

 痛みの原因となる骨盤周囲やお尻のこわばりをほぐしたり、痛みを庇うことで崩れる身体のバランスを整えます。痛みがある動作は無意識的に避けてしまいがちで、逆の足などに思いの外負担がかかってしまいます。また、症状を悪化させる冷えをとることも効果的です。足先が冷えたり、冷え性の方は血流が悪くなっている可能性もありますのでご相談ください。

・骨盤矯正

 骨盤の歪みを正すことで腰・お尻の筋肉への負担を減らし、正しい姿勢へと改善していきます。骨盤を正しい位置に整え、身体への負担を減らすことで再発を防ぎます。歪んだ骨盤・姿勢を放置することで腰やお尻の筋肉に負担がかかり、坐骨神経を締め付けてしまいかねません。正しい姿勢は再発予防にもなります。腰の痛みや姿勢が気になる方はご相談ください。

・鍼灸治療

 治療専用の鍼やお灸で奥深くの筋肉や経絡へアプローチします。神経を締め付けている筋肉をほぐしたり、血流改善や自律神経を整える効果を期待できます。鍼というと痛いというイメージも一部にはありますが、髪の毛より細く顔にも施術する美容鍼灸などに用いられる鍼灸治療専用の鍼なので安心ください。

・高周波などによる、電気治療

 鍼灸が苦手な方にもおすすめなのが、深部の筋肉まで届く高周波による治療です。表面から約15cm奥まで届く高周波を使うことで深層の治療が可能です。痛みで足が思うように動かせない方でも筋肉へパルスを送ることで無理に動かすことなく受けることができます。無理なストレッチは身体に負担をかけるどころか怪我をしてしまいます。動ける範囲で運動療法も取り入れつつ、動かすのが辛い部分には電気治療と様々な治療方法を提案させていただきます。